むし歯予防の取り組み

ブラッシング(歯みがき)指導

haburashi
【むし歯予防のお願い】
矯正治療中は口の中に複雑な装置が入ります。そのため歯みがきが難しくなり,汚れが残りやすくなります。汚れたままではむし歯ができます。せっかく歯並びがきれいになっても,その歯がむし歯になったのでは元も子もありません。また,自分ではきちんと磨いているつもりでも思わぬところに磨き残しがあったりするものです。
当院では毎回,磨き残しがよくわかるように赤く汚れを染め出して歯磨き練習をしていただいております。さらに診療の最後にフッ素塗布を行なっています。矯正治療中はもちろん,治療後もきれいなお口で一生を過ごせることを願っております。

カリエスリスク判定(だ液検査)

カリオグラム

むし歯の元になる菌は誰の口の中にもいます。ただ,その数や他の菌とのバランス,唾液の分泌量などによってむし歯のなり易さは変わってきます。矯正治療に先立って,患者様のだ液を分析したり食生活の調査をすることで虫歯になりやすさの指標を調べます。こうして患者様一人一人にマッチした虫歯の予防計画を立てます。

顕微鏡によるむし歯菌の観察

むし歯菌の観察

むし歯になる仕組みをわかりやすく説明するため,歯垢を顕微鏡で観察していただきます。歯垢とはむし歯菌(ミュータンス菌)とその菌が分泌する多糖類(ネバネバしたもの)が混じったもので,むし歯ができる温床になっています。歯垢は食事に含まれるわずかな砂糖をもとに作られますが,歯みがきでしか取り除くことができません。写真は患者様ご自身の口の中から出てきた歯垢のなかに,たくさんのむし歯菌が見つかってびっくりしているところです。